盛商サッカー部2021オーシャンフィールドカップの戦い①

盛商サッカー部2021オーシャンフィールドカップの戦い①




みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は盛岡商業サッカー部の冬遠征、オーシャンフィールドカップの戦いについてアップしていきたいと思います。

12/25トレーニングマッチ(盛岡商業VS利府高校)

茨城県の波崎へ向かう途中に宮城のアディダスパークで利府高校とトレーニングマッチを行いました。
利府高校は激戦の宮城県で常に上位に食い込む強豪校です。利府高校さんありがとうございました。

OCEAN FIELD CUP

オーシャンフィールドカップは茨城県の波崎町で行われているサッカーフェスティバルです。全国の名だたる強豪校のみがエントリーすることのできる大会で、夏・冬2回行われています。盛商サッカー部は新型コロナウイルスの影響で昨年は参加しなかったために2年ぶりの参戦となりました。

12/26(1日目の戦い)

盛岡商業VS湘南工科大学附属高校

湘南工科大学附属高校と予選リーグを戦いました。超激戦区である神奈川県の強豪校で、奥寺康彦さんや福田正博さん、フットサルの木暮賢一郎さんの母校だそうです。相手の力強いプレーに圧倒されるシーンもありましたが、サイドからチャンスを作り、攻撃の時間を作ることができました。

盛岡商業VS日大明誠

日本大学明誠高校は山梨県の強豪チームです。湘南工科大学附属戦同様、押し込まれるシーンもありましたが、攻撃の時間を作り相手ゴールへ向かうシーンも作れました。

盛岡商業BVS国士舘B

国士舘高校は東京の強豪校で、流通経済大学附属高校を全国制覇に導いた本田裕一郎先生がテクニカルアドバイザーとして指導されているチームです。攻撃は両サイドから効果的な攻撃ができ、得点も生まれましたが、守備の対応の部分で課題が残るゲームになりました。

盛岡商業BVS東京朝鮮B

東京朝鮮高校は東京の強豪校です。国士舘高校戦同様、攻撃は良い形を作ることができましたが、守備の部分でロングボールの対応や判断ミスが目立つゲームになりました。

12/27(2日目の戦い)

盛岡商業VS東山

東山高校は第100回全国高等学校サッカー選手権京都府代表の強豪校です。足元の技術が非常に高いチームで、ショートパスを丁寧につなぐサッカーを展開してきます。前線の守備から押し込まれるシーンもありましたが、負けじと主導権を握りながら攻撃を仕掛けることができました。

盛岡商業VS東京朝鮮

前日Bチームが試合をした東京朝鮮高校のトップチームとの試合です。前線での守備がうまく決まり、高い位置でボールを奪い速攻をすることができました。サイドからの攻撃で得点が生まれ、チームとしても良い感覚を得ることができました。

盛岡商業BVS金光大阪B

金光大阪は大阪の強豪チームです。相手のパスワークやポジションチェンジに惑わされるシーンが目立ち、守備に追われる時間が長くなってしまいました。関西のパワフルなサッカーをするチームとの試合は非常に良い経験になります。

盛岡商業BVS米沢中央B

米沢中央は同じ東北、山形県の強豪チームです。主導権を握り、良い形で攻撃を仕掛けることはできましたが、ラストパスの質が悪く、得点になかなか結びつけることができませんでした。しかし、昨日の課題として上がった守備の対応に改善が見られ、相手の攻撃を防ぐシーンが増えました。

まとめ

盛岡商業サッカー部の2021オーシャンフィールドカップの1日目、2日目の戦いの様子をアップしました。
このオフシーズンの遠征は、来シーズン戦う上で非常に重要なものになってきます。タフに戦い抜き、一段階レベルアップできるように頑張りますので応援よろしくお願いいたします。