4年生ラストマッチ!東北大学サッカーリーグ最終節

4年生ラストマッチ!東北大学サッカーリーグ最終節




みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は11月27日に行われた東北大学サッカーリーグ1部最終節の東北学院大学戦の様子をアップしたいと思います。

東北大学サッカーリーグ(富士大学VS東北学院大学)

東北学院大学は東北大学リーグで毎年上位に入るチームです。前期は2度のリードを許し、なんとか後半アディショナルタイムに木村海渡の得点で逆転し、勝利したチームです。互いにラストマッチとなる今節も激戦が予想されます。なんと富士大学は出場可能な4年生全員がスターティングメンバーに名を連ねました。

スターティングメンバー

GK 折口輝樹
DF 吉田光希、遠山南海、戸羽達希、松野竜士
MF 中川和彦、岡崎繁人、金野泰治、千葉希
FW 阿部亮太、菅原侑哉

サブメンバー

GK 福山智仁
DF 志村滉、安野天士
MF 長岡昴雅、稲田哲兵、菅原新
FW 木村快、原田遥翔、松田空良

前半戦

試合は互いに最終戦ということもあり、中盤での攻防が激しく続き、どちらが先に主導権を握るかが非常に重要な展開となりました。東北学院大学のDFからのロングボールが前線に収まり、非常に苦労しました。対する富士大学は両サイドの中川和彦(4年 山形中央)と千葉希(2年 浦和レッズY)を起点に攻撃を仕掛けます。中川のドリブル突破から何度かチャンスを作りますが得点を奪えません。互いに無得点のまま0対0で前半を折り返します。

後半戦

後半も東北学院大学は素早い攻撃で富士大学ゴールを目指してきます。しかし富士大学DF陣も相手のスピード感に慣れ、徐々に相手陣地へ押し込むことに成功します。53分には左サイドを崩し、最後は菅原侑哉(4年 日大山形)がペナルティエリア内で冷静にDFをかわしシュートを放ちますが惜しくも相手GKにセーブされてしまいます。その後富士大学が主導権を握り攻め続けます。阿部亮太(4年 遠野)がドリブル突破を仕掛けますがファールで止められてしまいます。さらに吉田光希(4年 アルビレックス新潟Y)のクロスに菅原新(2年 専大北上)が頭で合わせますがわずかにゴールの右に外れてしまいました。
そしてこのまま試合終了かと思われた90分+4分、右サイドでボールを受けた吉田光希のクロスを戸羽達希(4年 大船渡)がニアで反応し後ろにそらします。これに反応した菅原侑哉がダイレクトで流し込み、劇的勝ち越し弾が生まれます。
最後に4年生が意地を見せ、得点を奪い、1対0で勝利することができました。

まとめ

2021シーズン東北大学サッカーリーグ1部の最終戦、対東北学院大学の様子をアップしました。
ラストマッチとなった4年生の活躍で劇的勝利を収めることができました。しかし、リーグは3位という結果に終わり、目標としていたインカレの出場権を得ることはできませんでした。シーズンを通して個人としてもチームとしても多くの課題が見つかりました。冬のオフシーズンでしっかりとトレーニングを積み、来シーズン活躍できるように頑張りたいと思います。
次回は東北地区大学新人大会の様子をアップしていきたいと思います。よろしくお願いします。