リーグ終盤!上位対決

リーグ終盤!上位対決




みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は富士大学体育会サッカー部の東北大学サッカーリーグと富士大学U-22のインディペンデンスリーグの戦いの様子をアップしていきたいと思います。

インディペンデンスリーグ(富士大学U-22VS八戸学院大学3rd)

11月14日にインディペンデンスリーグ最終節八戸学院大学3rd戦が八戸学院大学人工芝サッカー場で行われました。
この時点で八戸学院大学2ndの優勝、全国大会出場が決まっていますが負けられない戦いには変わりありません。

スターティングメンバー

GK 藤田弥
DF 門脇大、熊谷佳大、山本紘輝、佐藤健美、松野竜士
MF 伊藤柊里、岡崎繁人、友野悠晟
FW 清野翔大、芝西大希

サブメンバー

GK 和野琉
DF 安野天士、永澤飛路夢、吉岡虎吾
MF 千葉希
FW 松田空良、城間雄介、中村大紀、原田遥翔

試合結果

前半13分に佐藤健美(1年 成立学園)のロングフィードに抜け出した右サイドの友野悠晟(1年 羽黒)がドリブルで仕掛け左足でグラウンダーのクロス。これに逆サイドで待っていたキャプテン芝西大希(2年 北海)が落ち着いて決めて先制に成功します。35分に同点に追いつかれてしまいますが、66分、芝西のスルーパスに抜け出した途中出場の千葉希(2年 浦和レッズY)がペナルティエリア付近で倒され直接フリーキックを得ます。これを千葉が自ら決め、2対1にします。このまま試合終了し、富士大学 U-22の最終戦を勝利で終えることができました。

東北大学サッカーリーグ(富士大学VS八戸学院大学)

インディペンデンスリーグ八戸学院大学3rd戦同様、東北大学サッカーリーグ八戸学院大学戦も11月14日に八戸学院大学人工芝サッカー場で行われました。前期のゲームは撃ち合いの末、悔しくも敗れた相手なので絶対に負けられません。

スターティングメンバー

GK 折口輝樹
DF 遠山南海、志村滉、吉田光希
MF 中川和彦、金野泰治、阿部柊斗、菅原新
FW 菅原侑哉、阿部亮太、木村快

サブメンバー

GK 福山智仁
DF 戸羽達希
MF 稲田哲兵、寺崎朋範
FW 木村海渡、松田空良、佐藤光、原田遥翔、中村大紀

試合結果

勝てば順位を3位から2位に上げることができる非常に重要な試合でしたが、チャンスを決め切ることができず0対0のスコアレスドローとなりました。試合終了間際に相手も決定的なチャンスを迎えましたが、富士大学GK折口輝樹(2年 セレッソ大阪Y)のビッグセーブで得点を阻止しました。決定力不足が大きな課題として残るゲームでした。

東北大学サッカーリーグ(富士大学VS東北大学)

東北大学サッカーリーグ東北大学戦は11月20日に花巻スポーツキャンプむらMコートで行われました。残り3試合となり、絶対に負けられない戦いです。東北大学は近年練習場が人工芝グラウンドになったこともあり、選手一人ひとりのスキルやチームとしてのコンビネーションが良くなってきているチームです。

スターティングメンバー

GK 折口輝樹
DF 戸羽達希、志村滉、吉田光希、木村快
MF 中川和彦、佐藤光、阿部柊斗、寺崎朋範
FW 菅原侑哉、阿部亮太

サブメンバー

GK 福山智仁
DF 松野竜士、遠山南海
MF 稲田哲兵、金野泰治、菅原新、岡崎繁人
FW 芝西大希、松田空良

試合結果

試合立ち上がりから相手コートへ攻め込み、攻撃の時間が続きますがなかなか決定機を作ることができません。
0対0で迎えた後半も相手の粘り強い守備に苦しむ展開が続きます。
63分、ついに東北大学の堅い守備を破ります。左サイドでボールを拾った阿部亮太(4年 遠野)から菅原侑哉(4年 日大山形)へ渡ると、これを菅原がワンタッチで落とし、このボールに飛び込んできた寺崎朋範(1年 佐賀東)が相手DFを二人かわして左足でゴールネットにボールを突き刺します。このまま試合終了かと思われましたが、85分に一瞬の隙を突かれ、同点にされてしまいます。このまま1対1で試合位終了です。

東北大学サッカーリーグ(富士大学VS仙台大学)

東北大学サッカーリーグ仙台大学戦は11月21日に花巻スポーツキャンプむらMコートで行われました。

スターティングメンバー

GK 折口輝樹
DF 安野天士、志村滉、遠山南海、木村快
MF 中川和彦、戸羽達希、金野泰治、千葉希
FW 菅原侑哉、阿部亮太

サブメンバー

GK 福山智仁
DF 松野竜士、吉田光希
MF 稲田哲兵、寺崎朋範、菅原新、岡崎繁人
FW 佐藤光、松田空良

試合結果

前半から相手ペースで試合が進む中、数少ないチャンスを決めたいところでしたが、得点を奪うことはできず、0対0で試合が進みます。74分、相手の右サイドを突破されクロスからシュートを打たれます。一度はGK折口輝樹(2年 セレッソ大阪Y)が防ぎますが、こぼれ球を押し込まれ先制点を許してしまいます。その直後に相手ゴール前でボールを奪い、決定機を迎えますが相手DFに阻まれ同点にすることはできませんでした。すると79分、82分に連続で失点を許してしまい、0対3で試合終了です。

まとめ

富士大学サッカー部の東北大学サッカーリーグとインディペンデンスリーグの様子をアップしました。リーグ終盤の上位対決のところでなかなか勝ち点を積み上げることができず苦労しました。
次回は最終戦の東北学院大学戦の様子をアップしていきたいと思います。よろしくお願いします。