プリンスリーグ東北!盛商VS帝京安積

プリンスリーグ東北!盛商VS帝京安積




みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は、11月13日に行われた盛岡商業サッカー部のプリンスリーグ東北、帝京安積戦の様子をアップしたいと思います。

プリンスリーグ東北(盛岡商業VS帝京安積)

プリンスリーグ東北帝京安積戦は帝京安積高校IVYFIELDフットボール場で行われました。
盛岡商業サッカー部はプリンスリーグ残留のためにも絶対に負けられない戦いです。

前半戦

試合は立ち上がりから盛岡商業ペースで進みます。
DFラインからボールをつなぎ、両サイドから積極的に攻撃を仕掛けます。左サイドを突破した佐藤航のクロスに戸來匠がニアで合わせますが惜しくもゴールを捉えることができません。その後もロングスローやコーナーキック、フリーキックなどチャンスを何度も迎えますが決め切ることができません。
そして引水タイム明けのファーストプレーでした。相手DFの背後に抜け出した佐藤航のクロスは一度相手DFに跳ね返されますが、これを戸來匠が拾い、ドリブルで仕掛けたところを相手DFに倒されPKを獲得します。しかし、ラインズマンが佐藤航のオフサイドを主張し、PKが取り消されてしまいます。
そして35分、コーナーキックから失点を許してしまい、0対1で前半を折り返します。

後半戦

後半も盛岡商業が主導権を握りますがなかなか同点にすることができません。
そして後半途中からパワープレーで前線にボールを蹴り込み、相手に圧をかけますが最後まで得点を奪うことはできず、0対1で破れてしまいました。

まとめ

プリンスリーグ東北の帝京安積戦の様子をアップしました。
プリンスリーグは11月27日の青森山田2ndとの試合を残すのみとなりました。現在10チーム中8位で降格圏ではありませんが、下位のチームの結果によっては降格の可能性もあります。なんとか勝利を掴みとり、残留を決めたいです。
また、11月20日から23日まで第56回岩手県新人サッカー大会が沿岸地域で行われます。
新チームとしての初陣になりますが、全力で戦い今シーズン初タイトルを獲りたいと思います。
応援よろしくお願いします。