選手権準決勝!盛商VS遠野

選手権準決勝!盛商VS遠野




みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は10月31日に行われた第100回全国高等学校サッカー選手権岩手県大会準決勝の様子をアップしていきたいと思います。

準決勝(盛岡商業VS遠野)

選手権準決勝、遠野高校戦はいわぎんスタジアムで行われました。
遠野高校は盛岡商業サッカー部の県内最大のライバルで赤白(盛商)対青白(遠野)と伝統の一戦と言われています。
ここ3年間準決勝は同じカードが続いており、2年前は盛岡商業がPK戦の末勝利し、決勝進出。昨年はPK戦の末に遠野高校が勝利し、決勝進出しています。
この学年になってからの対戦は、新人戦、選抜交流大会、プリンスリーグ2戦と、合計4戦しており、1勝3敗と負け越しています。負けたら3年生は引退です。絶対に負けられません。

前半戦

遠野高校は攻守の切り替えが早く、球際での競り合いが非常に強いチームなので、常に集中して出足よくプレーすることを心がけるよう確認して試合に臨みました。試合は立ち上がりから激しいボールの奪い合いになります。
盛岡商業はサイドから切り崩し相手DFラインを押し込みにかかります。対する遠野はカウンターでコーナーキックを連続で獲得し、チャンスを作ります。
均衡した試合展開になりましたが、13分、ゲームが動きます。左サイドから佐々木央汰がロングスローを投げ込み、一度はDFにクリアーされますがこぼれ球を戸來匠がダイレクトで右足を振り抜き、スーパーゴールが生まれます。
その後遠野も盛商DFラインの背後を狙ってボールを送り込みますがキャプテン宮野隼を中心に、冷静に対応します。そして35分、左サイドを佐藤航が突破しクロス、戸來がニアで潰れて逆サイドから走り込んだ工藤春が押し込み追加点を奪います。
このまま2対0で前半を折り返します。

後半戦

後半は開始8分でゲームが動きます。48分、右サイドでスローインを受けた工藤春が一度はボールを奪われますが、粘って奪い返し、クロスをあげます。これに飛び込んだ戸來匠が胸トラップでボールを納め、相手のGKの位置を確認してサイドネットに流し込み3対0にします。
その後遠野高校は前線の選手を数名入れ替え、攻撃の活性化を図ります。
盛岡商業も警告を1枚受けている戸來に代え、1年生の原田優汰をピッチに送り込みます。1年生ながら攻守に奮闘し、チャンスを演出します。27分には左サイドを突破した佐藤航のクロスに頭で合わせゴールを狙いますが相手GKのファインセーブに阻まれます。
その後も両チームチャンスを迎えますが得点を奪うまでに至らず、3対0で試合終了です。

まとめ

第100回全国高等学校サッカー選手権岩手県大会準決勝の様子をアップしました。
選手権の雰囲気は高総体やプリンスリーグなどの他の大会とは全く違い、負けたら即敗退という緊張感のあるものです。その中でベストパフォーマンスを発揮するのは非常に難しいことですが、盛岡商業サッカー部の選手は臆することなく、自信を持って戦うことができました。これに満足することなく、来週11月7日の決勝戦では準決勝以上のパフォーマンスで専大北上を破り、全国大会への出場を決めたいと思います。
盛岡商業サッカー部の戦いもYouTube(ショージブログ)にアップしているので是非ご覧になり、チャンネル登録していただきたいです。
応援よろしくお願いします。