選手権準々決勝!盛岡商業サッカー部

選手権準々決勝!盛岡商業サッカー部




みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は10月23日に行われた盛商サッカー部が戦う第100回全国高等学校サッカー選手権岩手県大会の準々決勝の様子をアップしていきたいと思います。

選手権準々決勝(盛岡商業VS江南義塾)

遠野運動公園陸上競技場で行われた準々決勝の相手は岩手県リーグ1部に所属する江南義塾高校でした。前線に攻撃力のある選手を揃えているチームで、2回戦で花巻北高校、3回戦で水沢高校を破り、勝ち進んできたチームです。

前半戦

試合開始から盛岡商業が相手ゴール前へ押し込み、チャンスを作ります。しかし、得点を奪うまでに至りません。すると江南義塾の素早いカウンターを受け、ピンチを招いてしまいます。ここはGK羽田碧斗が冷静に対応し、守ります。
先制点を奪えずにいましたが、14分、左サイドの佐藤航が得意の縦へのドリブルからグラウンダーのクロスをあげます。これにFWの戸來匠が飛び込み先制点を奪います。
その後もチャンスを作りますが相手GKのファインセーブもあり、1対0で前半を折り返します。

後半戦

後半はFWに1年生の原田優汰を投入し、攻撃の活性化を計ります。
早速左サイドからのクロスに頭で合わせますが惜しくもクロスバーに嫌われ得点とはなりませんでした。
その後も佐藤航や工藤春、原田優汰が決定的なシーンを迎えますが、得点を奪い切ることができず1対0のまま試合が進みます。得点を奪えずにいると江南義塾も素早い攻撃で盛商ゴールに襲い掛かります。フィニッシュのところで精彩を欠き、得点には至りませんでしたが、ヒヤリとする場面もありました。
結局最後まで追加点を奪うことができず1対0で試合終了です。

まとめ

第100回全国高等学校サッカー選手権岩手県大会の準々決勝の様子をアップしました。
納得のいかないゲーム内容になってしまいましたが、一発勝負のトーナメントなので勝つことが最優先です。
次戦は10月31日、いわぎんスタジアムで遠野高校と対戦します。一昨年、昨年と、3年連続でのカードとなりました。
一昨年度はPK戦の末勝利し、決勝進出。昨年度は同じくPK戦の末破れ、準決勝敗退となりました。今年度は80分間で決着を付け、昨年度のリベンジを果たせるように一週間良い準備をしていきたいと思います。
応援よろしくお願いします。