東北大学サッカーリーグ再開!

東北大学サッカーリーグ再開!




みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は10月16日に再開された東北大学サッカーリーグとインディペンデンスリーグの様子をアップしていきたいと思います。
インディペンデンスリーグは連戦で17日にも行われています。

東北大学サッカーリーグ1部(富士大学VS青森大学)

東北大学サッカーリーグ1部青森大学戦は東奥義塾高校サッカー場で行われました。
前期は3対0で勝利している相手ですが、青森山田高校出身の選手も多く所属しており、力のあるチームです。油断はできません。

スターティングメンバー

GK 折口輝樹
DF 藪中海皇、志村滉、吉田光希、戸羽達希
MF 佐藤大雅、阿部柊斗、稲田哲兵、寺崎朋範
FW 菅原侑哉、阿部亮太

サブメンバー

GK 福山智仁
DF 西川誠矢、白和勇心
MF 中川和彦、長岡昂雅
FW 木村海渡、木村快、佐藤光、原田遥翔

前半戦

試合立ち上がりから富士大学が主導権を握り、相手ゴールに攻め込みます。
8分、薮中海皇(2年 北海)が中央付近から前線めがけてロングボールを送ります。これに抜け出した菅原侑哉(4年 日大山形)が相手GKを見て落ち着いてゴールに流し込み先制します。
その後も富士大学優勢にゲームが進みますがなかなか追加点を奪えません。青森大学も縦に素早い攻撃で富士大学ゴールを目指します。なかなか追加点を奪えずにいた富士大学ですが41分、佐藤大雅(3年 専大北上)のコーナーキックを志村滉(3年 仙台育英)が折り返し、吉田光希(4年 アルビレックス新潟Y)が頭で押し込み追加点を奪います。このまま2対0で前半を折り返します。

後半戦

後半は開始5分で試合が動きます。50分、右サイドで得たフリーキックを佐藤大雅が蹴り、ニアに飛び込んだ志村滉が頭で合わせ3対0にします。
71分には前線でボールを奪い、木村快(1年 尚志)からボールを受けた菅原侑哉が寺崎朋範(1年 佐賀東)とワンツーをして相手のDFラインの裏に抜け出し、左足でゴールに流し込みます。85分には右サイドからのクロスのこぼれ球を佐藤大雅が拾い、左足でゴールネットに突き刺し、5点目を奪います。しかし90分、コーナーキックから失点を許し、1対5となります。このまま終了かと思われましたが、90分+3分に志村滉のフィードボールを胸トラップから右足を振り抜き6点目を奪います。6対1で試合終了です。

インディペンデンスリーグ(富士大学U-22VSCommonSense)

インディペンデンスリーグCommonSense(ノースアジア大学)戦は富士大学サッカーグラウンドで行われました。
前期は4対3で逆転勝利を収めた相手ですが、攻撃力の高いチームです。

スターティングメンバー

GK 藤田弥
DF 門脇大、佐藤莉楓、松野竜士、松田星良
MF 伊藤柊里、岡崎繁人、臼井拓海、友野優晟
FW 芝西大希、松田空良

サブメンバー

GK 和野琉
DF 熊谷佳大、山本紘輝、佐藤健美
MF 早川峻也、嶋貫維音
FW 佐々木真之介

前半戦

試合は開始7分で動きます。右からのコーナーキックを友野優晟(1年 羽黒)が蹴り、ファーで門脇大(2年 羽黒)が頭で折り返し、松田星良(1年 青森山田)が押し込んで先制します。その後も富士大学U-22が主導権を握り、CommonSenseゴールに向かいますがなかなか追加点を奪えません。このまま前半終了かと思われた40分、ペナルティエリア内で友野優晟がボールキープし、松田星良に落とします。これを受けた松田は相手を一人かわして左足でクロス。これに逆サイドから芝西大希(2年 北海)が飛び込んで頭で合わせ追加点を奪い、前半を2対0で折り返します。

後半戦

後半開始1分で試合が動きます。46分、相手のクリアーボールを拾った友野優晟から松田星良がパスをもらい右足でクロス。これに芝西が頭で合わせ3対0にします。さらに芝西大希は51分に右サイドを抜け出した松田空良(1年 青森山田)のクロスに右足で合わせハットトリックを達成します。
それでもチームの勢いは止まりません。53分には臼井拓海がヘディングで跳ね返したボールを松田空良が収め、最後は友野優晟が受けて5点目。直後の54分には松田空良のスルーパスに抜け出した友野が2点目を奪い6対0。62分には友野のフィードパスに抜け出した途中出場の嶋貫維音(1年 山形中央)が抜け出して落ち着いて決め7対0。78分には臼井から途中出場の佐々木真之介(1年 星稜)につなぎ、最後は抜け出した途中出場の熊谷佳大(2年 新屋)が決めて8対0。83分にはコーナーキックのこぼれ球から友野のクロスに佐々木真之介が合わせ9対0。85分には佐々木のクロスに嶋貫維音が合わせ10対0にし、試合終了です。

インディペンデンスリーグ(富士大学U-22VS八戸学院大学2nd)

インディペンデンスリーグ八戸学院大学2nd戦は八戸学院大学人工芝サッカー場で行われました。八戸学院2ndは現在リーグ単独首位のチームです。逆転での全国大会出場に向けて絶対に負けられない試合です。

スターティングメンバー

GK 和野琉
DF 門脇大、佐藤莉楓、松野竜士、松田星良
MF 伊藤柊里、岡崎繁人、臼井拓海、友野優晟
FW 芝西大希、松田空良

サブメンバー

GK 藤田弥
DF 熊谷佳大、山本紘輝、佐藤健美、永澤飛路夢
MF 早川峻也、嶋貫維音、東洸也
FW 佐々木真之介

前半戦

試合立ち上がりから富士大学U-22が積極的に攻め込み、シュートを放ちます。すると少しずつ主導権を握る時間が増えてきました。試合が動いたのは38分でした。途中出場の熊谷佳大(2年 新屋)のコーナーキックに佐藤莉楓(4年 遠野)が頭で合わせ先制点を奪います。直後の41分には左サイドから熊谷佳大がクロスをあげ、松田空良(1年 青森山田)が落とし、芝西大希(2年 北海)が落ち着いて決め2対0にします。さらに43分にはDFラインの背後に抜け出した松田が相手GKに倒されペナルティキックを獲得します。これを松田が自分で決め、3対0と八戸学院2ndを大きく突き放し、前半を折り返します。

後半戦

このまま逃げ切りたい富士大学U-22でしたがそう上手くはいきませんでした。
八戸学院2ndはハーフタイムで4人の選手を入れ替え、臨んできました。
その交代選手にDFラインが惑わされ、60分、71分、77分、78分と失点を許し、なんと3対0から3対4と逆転を許してしまいました。富士大学U-22も再度追いつこうと攻め込みますが得点を奪えず、3対4で試合終了です。

まとめ

東北大学リーグとインディペンデンスリーグが再開しました。
再開後初戦はTOPチーム、富士大学U-22ともに勝利しましたが、富士大学U-22は残念ながら2戦目を落としてしまいました。劇的な逆転勝利を許してしまっただけに非常に悔しい結果となりました。しかし下を向いてはいられないので次戦に向けて改善できるところを見直し、練習に励みたいと思います。
次戦は10月23日、TOPチームは東北大学、富士大学U-22はTohoku.FC(東北大学)とアウェイで対戦します。
両チーム勝利を目指して全力で戦いますので応援よろしくお願いします。