富士大学体育会サッカー部新入生紹介第四弾

富士大学体育会サッカー部新入生紹介第四弾




みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は富士大学体育会サッカー部新入生紹介第四弾です。三弾から時間が経ってしまい大変申し訳ありませんでした。今日から再度新入生紹介をしていきたいと思います。

佐々木真之介

前所属チーム:星稜高校(石川県)
ポジション:FW
佐々木真之介は石川県の星稜高校出身で、DFラインの背後への裏抜けを得意とする選手で、得点能力が高い選手です。
岩手県の太田東Jr出身で、石川県の星稜中学校、星稜高校へ進学した選手です。昨年度の高校サッカー選手権石川県大会では大会得点王となり、全国大会でも注目を浴びた選手の一人です。

臼井拓海

前所属チーム:逗葉高校(神奈川県)
ポジション:MF
臼井拓海は神奈川県の逗葉高校出身で、主にボランチでプレーをすることが多く、中盤での激しいディフェンスや打点の高いヘディングを武器とする選手です。また、足元の技術にも優れており、ショートパスやミドルキックで攻撃のリズムを作ることもできます。

乳井克樹

前所属チーム:加茂暁星高校(新潟県)
ポジション:GK
乳井克樹は新潟県の加茂暁星高校出身で、正確なフィードキックと積極的なコーチングが武器の選手です。また、守備範囲も広く、DFラインの背後へのボールにも積極的に飛び出してゴールを守ります。入学早々からチームのムードメーカーとして活躍しています。

まとめ

今回は新入生紹介第四弾で、3名の選手を紹介させていただきました。
まだ数名紹介できていない選手がいるので、次回以降もご期待ください。
よろしくお願いします。