仙台育英高校に挑む!プリンスリーグ東北

仙台育英高校に挑む!プリンスリーグ東北

みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は、7月22日に行われたプリンスリーグ東北仙台育英戦と、25日に行われたルーキーリーグ東北聖和学園戦の様子をアップしていきたいと思います。

TOPチーム(対 仙台育英)

プリンスリーグ東北仙台育英戦は岩手県フットボールセンターで行われました。
すでに7月3日に仙台育英高校グラウンドでのアウェイ戦を終えており、2対4で敗れています。

前半戦

試合開始直後、左サイドの佐藤航が左サイドを突破し、クロスをあげますが相手GKにセーブされてしまいます。
その直後の5分、左サイドからのクロスからこぼれ球を押し込まれ先制点を許してしまいました。
11分には再度佐藤が左サイドを駆け上がりチャンスを作ります。マイナスのクロスにフリーで受けた佐々木央汰が右足で合わせますが枠を外してしまいます。
少ないチャンスをモノに出来ずにいると18分、コーナーキックから追加点を許してしまい、0対2にされてしまいました。
その後、盛商もディフェンスラインから落ち着いてボールを動かし、攻撃のリズムを作り始めます。
前半半ばには須藤貴斗のスルーパスに抜け出した戸來匠が相手GKをよく見てシュートを放ちますがボールはゴールポストのわずか左に外れてしまいました。
前半を0対2で折り返します。

後半戦

後半は立ち上がりから前線の守備が決まり、攻撃を仕掛けることができましたが、相手のMF、島野怜選手の個人技で打開され追加点を奪われてしまいました。
その後、左サイドの佐藤航やFWの戸來匠、途中出場の原田優汰を中心にチャンスを作りますが得点を奪うことができません。そして試合終了間際追加点を奪われ、0対4で試合終了です。

ルーキーリーグ東北(対 聖和学園)

ルーキーリーグ東北聖和学園戦は聖和学園高校グラウンドで行われました。

前半戦

前半は聖和学園の選手のテクニックに翻弄されながらも、ゴール前で粘り強く守り0対0で前半を折り返します。

後半戦

後半は盛商もチャンスを作りますが得点を奪えません。そして徐々に相手のドリブルで自陣に押し込まれ足も止まってしまい、75分と90分+2分に得点を許してしまい、0対2で敗れてしまいました。

まとめ

7月22日に行われたプリンスリーグ東北と25日に行われたルーキーリーグ東北の様子をアップしました。
ルーキーリーグは8月3日に東北学院高校戦が行われます。プリンスリーグは中断期間に入り、次節は8月22日モンテディオ山形ユース戦になります。暑い夏を乗り切り、もう一段階レベルアップして戦いたいと思います。
応援よろしくお願いします。