伝統の一戦!盛岡商業サッカー部プリンスリーグ東北

伝統の一戦!盛岡商業サッカー部プリンスリーグ東北

みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は盛岡商業サッカー部のプリンスリーグ東北、遠野高校戦とi.LEAGUE2021Division1、盛岡市立高校戦の様子をアップしていきたいと思います。

TOPチーム(対 遠野高校)

プリンスリーグ東北遠野高校戦は遠野運動公園陸上競技場で行われました。
盛岡商業はケガ人などの影響もあり、インターハイ予選からスターティングメンバーを数名入れ替えて臨みました。
県内最大のライバル遠野高校との試合は伝統の一戦ともされていて、互いに絶対に負けられません。

前半戦

試合は立ち上がりから激しくせめぎ合います。キックオフの流れから左サイドの蒲田がミドルシュートを狙い、先制パンチを浴びせます。しかし遠野高校もひるむことなく、両サイドから果敢に攻め込んできます。
お互いチャンスは作りますが得点を奪えずにいると、遠野高校がビッグチャンスを迎えます。右サイドの選手がカットインして左足で放ったシュートがGK羽田の手前で変化しキャッチをさせてくれませんでした。溢れたボールにFWが素早く反応しシュートを放ちますが、必死のDFもあり枠を外れます。
その直後、GK、DFラインからのビルドアップからCB宮野がロングフィード。FWの戸來がそらし、これを受けた原田が左足でシュート。一度はDFに跳ね返されますが右サイドにダイレクトで展開します。これを受けたSBの工藤が思い切ってダイレクトシュート。なんとこのシュートがゴールネットに突き刺さり待望の先制点となります。
前半終了間際には戸來のコーナーキックに原田が頭で合わせ追加点を奪います。
そして前半を2対0で折り返します。

後半戦

後半遠野高校は選手を数名入れ替え、活性化をはかりながら攻撃のテンポを上げてきます。
盛商ゴール前に押し込まれる時間が増えてきました。そして62分、左からのフリーキックをDFがクリアしようとしているところに勢いを持って飛び込んできた選手に押し込まれ1点を返されてしまいます。これで勢いを増した遠野高校は同点にするために攻撃のギアを上げますが、盛商も落ち着いて対応し、2対1で勝利することができました。

盛商2nd(対 盛岡市立)

2ndチームは北上総合運動公園で盛岡市立高校と対戦しました。盛岡市立高校は昨年度の選手権ベスト4まで勝ち上がってきた強豪校です。

前半戦

盛商はDFラインから丁寧に繋ぎ、攻撃のリズムを作りたいところでしたが相手FWのプレッシャーを受け、前線に蹴り込む時間が増えてしまいます。なかなか攻撃のリズムを作れずにいると盛岡市立にビッグチャンスを作られてしまいます。しかしここはGK小原の好セーブで防ぎます。このまま前半終了と思われたアディショナルタイムにキャプテンの石塚がゴールを決め、良い形で前半を折り返します。

後半戦

後半は盛岡市立の猛攻を受けます。
盛商も攻撃のリズムを作ろうと試みますが64分、右サイドからドリブルで持ち込まれシュートを決められてしまいます。
その後も盛岡市立のペースでゲームが進み、盛商もチャンスを作りますが相手GKの好セーブなどにより追加点を許してもらえません。そして同点のまま試合終了かと思われた90分、勝ち越しゴールを奪われてしまい1対2で敗れました。

まとめ

6月26日に行われたプリンスリーグ東北の遠野高校戦と、i.LEAGUE盛岡市立高校戦の様子をアップしました。試合の映像はショージブログ(youtube)にアップしているのでそちらをご覧ください。
来週末はTOPチームはプリンスリーグ仙台育英戦、2ndはi.LEAGUE盛岡中央戦、ルーキーリーグは羽黒高校戦が行われます。
応援よろしくお願いします。