前期リーグ大一番!富士大学体育会サッカー部

前期リーグ大一番!富士大学体育会サッカー部

みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は6月19日に行われたTOPチームの東北大学サッカーリーグ1部第3節の東北学院大学戦と20日に行われた富士クラブ2003の東北社会人サッカーリーグ第2節ブランデュー弘前戦の様子をアップしていきたいと思います。

TOPチーム(対 東北学院大学)

東北大学サッカーリーグ第3節は松島フットボールセンターで行われました。
東北学院大学は毎年上位に食い込む強豪校で前節八戸学院大学に勝利し、勢いに乗っているチームです。

スターティングメンバー

GK 折口輝樹
DF 藪中海皇、安野天士、志村滉、遠山南海
MF 金野泰治、阿部柊斗、千葉希、佐藤大雅、中川和彦
FW 原田遥翔

サブメンバー

GK 福山智仁
DF 吉田光希、高津正汰
MF 戸羽達希、寺崎朋範、稲田哲兵、木村海渡
FW 木村快、阿部亮太

前半戦

試合開始から東北学院大学が右サイドのスピードのある選手を中心に富士大学ゴール前に攻め込んできます。何度かピンチを招きましたがDFラインとGKの連携でなんとか防ぎます。
しかし14分、富士大学のパスミスからボールを奪われてしまい、素早いショートカウンターを受け先制点を許してしまいます。さらに前半半ばにペナルティエリア内で相手選手を倒してしまい、PKを与えてしまいます。
絶体絶命かと思われましたが、GK折口のビッグセーブで難を逃れました。
富士大学も前線の守備でボールを奪い、FWの原田がシュートを狙いますが得点を奪えません。
前半終了間際には途中出場の阿部亮太が中川のスルーパスに抜け出しシュートを狙いますがGKに阻まれます。さらにこぼれ球に藪中が反応して強烈なシュートを放ちますが枠を外してしまいます。0対1で前半を折り返します。

後半戦

後半も東北学院は右サイド中心に積極的に攻めてきますが富士大学も追加点を許すわけにはいきません。
互いに攻め込みますがなかなか得点を奪うことができません。そして66分試合が動きます。
こぼれ球を拾った阿部が相手DFを背負いながら左サイドにパス。それを受けた中川が切り込んでシュート。右足から放たれたボールは綺麗な弧を描いて逆サイドネットに吸い込まれます。このゴールで勢いが増しますが、追加点を奪えません。
そして83分、左サイドからのクロスをFWにそらされ、飛び込んできた選手に押し込まれてしまい1対2と再び突き放されます。
苦しい展開となりましたが、富士大学サッカー部はここで諦めませんでした。80分に途中交代で入った木村海渡が躍動します。87分、金野泰治のパスに木村が抜け出し、相手DFを冷静にかわしてゴール右隅にねじ込みます。
このまま終了かと思われた後半アディショナルタイムには左サイドを抜け出した中川のクロスに飛び込み頭で合わせ、劇的逆転ゴールを決めます。後半アディショナルタイムにこの日初めてリードすることができました。
このまま試合終了し大きな勝ち点3を手にすることができました。
YouTubeにもアップしたので是非ご覧ください。

富士クラブ2003(対 ブランデュー弘前)

東北社会人サッカーリーグ第2節は花巻スポーツキャンプむらで行われました。
相手は昨季東北社会人リーグを制覇し、JFL参入戦である地域チャンピオンズリーグまで進出した強敵です。

スターティングメンバー

GK 藤田弥
DF 大森輝空、松野竜士、白根澤樹、佐藤莉楓
MF 高木一慧、岡崎繁人、伊藤柊里、津島駿
FW 芝西大希、松田空良

サブメンバー

GK 乳井克樹
DF 中川朋哉
MF 熊谷佳大、友野悠晟
FW 佐藤光、中村太紀、佐々木真之介

前半戦

試合立ち上がりはお互いに集中力を切らさず、均衡した試合展開になりました。開始5分ほどで、松田空良が中盤でボールを奪い、ロングシュートを放ちますがキーパーにキャッチされます。直後の7分には前線で岡崎繁人がボールを奪い、こぼれたボールに反応した津島駿が左足でシュートを狙いますが、これもキーパーに阻まれてしまいます。
その後は互いに譲らず、激しいボールの奪い合いになりますが、28分に相手の右サイドからボールを動かされ、最後は右サイドに展開されてドリブルシュートを決められてしまい、先制を許してしまいました。
その後も何度かピンチを招きますが、集中して守り0対1で前半を折り返しました。

後半戦

後半も互いに譲らず、中盤での激しいボールの奪い合いが続きます。立ち上がりに松田空良が背後に抜け出し、追いかけてきたDFを交わしてシュートを放ちますがキーパーに阻まれます。
ブランデューも追加点を奪うべく攻め込んできます。右サイドからのシュートはポストに救われました。
試合終盤に相手ペナルティエリア付近で直接フリーキックを得ますが、キャプテン芝西大希のキックは枠を外れました。
その後右サイドからのフリーキックから佐藤莉楓が折り返し、佐藤光が飛び込みますがギリギリのところで相手DFに阻まれてしまいます。
このまま0対1で試合終了です。

まとめ

6月19日、20日に行われたTOPチームと富士クラブ2003のリーグ戦の様子をアップしました。
両チームともに大一番となるゲームでした。TOPチームは劇的な逆転勝利を果たし、リーグ3連勝をすることができました。次節は青森大学と対戦します。
富士クラブ2003は残念ながら0対1で破れ、リーグ2連勝とはなりませんでした。しかし、格上のチーム相手に粘り強く、戦いきることができたのは大きな収穫です。次節はコバルトーレ女川と対戦します。
さらに今週末は富士大学U-22のリーグ戦も控えており、全カテゴリー公式戦があります。全勝できるようにチーム一丸となって戦いますので応援よろしくお願いします。