盛岡商業プリンスリーグ聖和学園戦

盛岡商業プリンスリーグ聖和学園戦

みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は、5月16日に行われた盛岡商業サッカー部のプリンスリーグ東北第5戦、聖和学園戦の様子をアップしていきたいと思います。

プリンスリーグ東北第5戦(対聖和学園戦)

聖和学園戦は岩手県フットボールセンターで盛岡商業のホームゲームとして行われました。
高校サッカーに詳しい方には聖和学園がどういうチームかは説明不要かもしれませんが、簡単にいうとドリブラーが11人ピッチにいるチームです。とにかく上手いです。GKも上手いです。
どの位置からでも臆せずドリブルやショートパスで相手チームを翻弄し、攻撃を仕掛けます。

前半戦

試合開始から聖和学園の選手たちのドリブルに翻弄され、自陣に押し込まれる展開が続きました。また、聖和学園はドリブルだけでなく、ショートパスやミドルパスも織り交ぜサイドチェンジを繰り返しながら盛商ゴールに襲いかかってきます。
盛岡商業もゴール前で粘り強く守り、奪ったら素早く前線にボールを送り、チャンスを伺います。
ボール保持率は圧倒的に聖和学園が上回っていますが、猛攻を凌ぎ、前半終了間際にビッグチャンスが訪れます。
この日キャプテンマークをつけた戸來匠が中盤でボールを奪い左サイドの佐藤航に預けます。これを受けた佐藤は持ち前のスピードを生かし、ペナルティエリア内に持ち込み左足を振り抜きます。放たれたボールはバーに当たり大きく跳ね返されてしまいました。前半を0対0で折り返します。

後半戦

早くもゲームが動きます。後半開始早々46分にコーナーキックを与えてしまい、これを相手に頭で合わせられてしまい先制点を許してしまいます。その後、なんとか攻撃の時間を増やそうと戸來、佐藤を中心に聖和ゴールを目指します。何度かゴール前に攻め込み、コーナーキックを獲得するものの、同点にする事ができません。そして前がかりになったところを突かれてしまい、63分、74分、81分に追加点を奪われ0対4と大きく突き放されてしまいます。
それでも諦めず攻め続け、86分にコーナーキックから原田優汰が1点を返します。アディショナルタイム突入直後にはディフェンスラインのビルドアップから大町陽斗が背後に抜け出し、最後は戸來が合わせ2対4とします。流れを掴みかけたところで試合終了です。

まとめ

プリンスリーグ第5戦の聖和学園戦の様子をアップさせていただきました。ここまで2勝2敗だったので3勝目をあげて勝ち越したいところでしたが、残念ながら敗れてしまいました。しかし、得点を奪われても心折れず攻撃を繰り返し、得点を取り返す事ができたことはこれからのゲームにつながったと思います。まだリーグは続きますし、後期も聖和学園と対戦するのでリベンジできるように日々のトレーニングに励んでいきたいと思います。
そして今週末から始まる高総体で優勝してインターハイの切符を獲得したいと思います。
試合の様子はyoutube(ショージブログ)にアップしていますのでそちらも合わせてご覧ください。
チャンネル登録がまだの方はよろしくお願いいたします!