天皇杯決勝戦!J3首位岩手グルージャ盛岡への挑戦

天皇杯決勝戦!J3首位岩手グルージャ盛岡への挑戦

みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は4月18日に行われた天皇杯岩手県予選決勝のグルージャ盛岡戦についてアップしたいと思います。

天皇杯決勝(岩手グルージャ盛岡戦)

決勝戦の相手は、J3リーグ第5節現在、3勝2分で単独首位を走る岩手グルージャ盛岡です。試合はいわぎんスタジアムで13時キックオフで行われました。

スターティングメンバー

GK折口輝樹
DF藪中海皇、志村滉、遠山南海、吉田光希
MF金野泰治、戸羽達希、中川和彦、木村海渡
FW千葉希、木村快

リザーブメンバー

GK福山智仁
DF安野天士
MF阿部柊斗、佐藤大雅、寺崎朋範
FW菅原新、原田遥翔

前半戦

強風が吹き付ける中、試合が開始されました。向かい風でなかなかボールが進まず、試合開始直後から押し込まれる展開が続きます。相手はセンターフォワードのブレンネル選手にボールを預け、ポストプレーから積極的にDFラインの背後を狙って来ます。立ち上がりはなかなかボールを持たせてもらえませんでした。
GK折口、CB志村、遠山中心に守備陣が奮闘しギリギリのところで守ります。しかし、飲水タイム直前の22分、一瞬の隙を突かれFWの色摩選手にスペースを突かれ、先制点を奪われてしまいます。
しかし、その後は富士大学も前線での守備から木村海渡や千葉希がシュートチャンスを作り、グルージャゴールに攻め込みます。そしてそのまま前半終了かと思われた46分、左サイドでボールを受けた嫁阪選手にゴール前までドリブルで持ち込まれ、左足のシュートを決められてしまいました。そして0対2で前半終了です。

後半戦

後半は風上という条件や、前半でプロの選手たちのプレッシャーやスピード感にも慣れ始めたので、ここから攻め込もうと思いきや、6分に攻め込んだところの逆襲を受け、ブレンネル選手にDFラインを突破され3点目を奪われてしまいました。ここで安野天士と佐藤大雅を前線に入れ、攻撃の活性化をはかります。
すると右サイドの崩しから中川のクロスに安野が飛び込み頭で合わせます。しかしボールはゴールの左に外れてしまいます。その後、中盤に阿部柊斗、FWに菅原新を投入し、ゴールを目指します。こぼれ球を拾った安野の右足のミドルシュートはGK土井選手のファインセーブに阻まれます。前半とは打って変わって攻め続けますが、プロチームの壁は暑く、得点を奪わせてはもらえませんでした。0対3で試合終了です。

まとめ

天皇杯予選決勝は残念ながら岩手グルージャ盛岡に0対3で敗れてしまいました。しかし、何もできなかったというよりも、課題が明確になり、プロチーム相手に確かな手応えも感じられた一戦となりました。
この先始まる東北大学リーグや総理大臣杯に向けて課題を克服し、全国大会出場そして昨年度以上の結果を求めて日々精進していきたいと思います。
応援ありがとうございました!