コロナに負けるな!富士大サッカー部活動再開

コロナに負けるな!富士大サッカー部活動再開

みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
学内で新型コロナウイルス感染者が出たために、しばらく活動休止を余儀なくされていましたが、2月6日から活動を再開しました。

活動再開

学内で新型コロナウイルス感染者が出たことにより、1月14日から全部活動が活動停止となっていました。学内の施設も利用できず、選手たちは家でのトレーニングしかできずにいましたが、2月6日から活動再開することができました。久しぶりのトレーニングだったので、身体のキレや体力を戻すことを意識してサーキット系のトレーニングやランニングトレーニングを中心に行いました。

新型コロナウイルス対策

チームの活動は再開しましたが、感染のリスクはもちろんゼロではないので、サッカー部としてしっかりと感染対策をとっています。

検温

感染防止と感染拡大を防ぐために、毎日の検温と記録が義務付けられています。積雪の影響でグランドが使用できないので、スポーツセンターで練習を行っていますが、入館時間を他の部活動と接触しないようにコントロールするなど対策を立てて活動しています。

抗原検査

県外移動をした選手は検査を受け、陰性反応が出た後1週間の自宅待機を経て練習参加が認められます。基本的には就職活動で県外へ移動した選手や、これから県外から引っ越してくる新入生が対象になります。チームとして抗原検出用キットを購入しており、必要な選手には購入してもらう形で検査を受けてもらっています。

まとめ

1ヶ月近い活動休止期間が終わり、チームの活動を再開することができました。感染対策を取りながら、来たる新シーズンに向けて準備を進めていきたいと思います。3月14日に行われる富士クラブ2003の天皇杯予選が初陣になります。応援よろしくお願いします。