ありがとう4年生。大学サッカー引退の時

ありがとう4年生。大学サッカー引退の時

みなさんこんばんは、富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は#atarimaeniCUP2020で引退となった4年生の選手たちについてアップしたいと思います。
例年であれば、インカレに出場したとしても大会期間は年末までに終わるので年内の引退となりますが、今年度は新型コロナウイルスの影響で#atarimaeniCUP2020の日程が年明けになったので過去最長の活動となりました。

選手紹介

個人の特徴など、詳しい紹介は選手紹介ページで行なっているので、名前と出身校だけ紹介していきます。
詳しい情報は下記の選手紹介①、③、⑥をご覧ください。

選手紹介①→「https://footballlife.blog/2020/10/10/player1/

選手紹介③→「https://footballlife.blog/2020/10/20/player3/
選手紹介⑥→「https://footballlife.blog/2020/11/27/player6/

岩村豊(山形中央)

谷地朝日(盛岡商業)

緒方悠太(向上)

伊藤魁莉(向上)

松倉玄樹(不来方)

阿部裕良(塩釜FC)

水野拓海(佐野日本大学高)


平中忠義(盛岡中央)

三上大和(八戸工業大学第一)

大和田郁馬(江南義塾)

高橋結和(西仙北)

中村一志(遠野)

関友斗(盛岡商業)

新井谷海斗(八戸工業大学第一)

田村彪(大船渡)

佐藤頌太(盛岡市立)


2021シーズンの戦い

今シーズンの詳しい結果は「2020シーズンを振り返って」に記載してありますのでそちらをご覧ください。
TOPチーム、富士大学U-22、富士クラブ2003それぞれのチームで最上級生として、これまでの経験を活かして大いに活躍してくれました。
今年度は例年以上に新入生の個性が強く、数多くの選手がTOPチームに入り、スタメンに名を連ねましたが、その中でもキャプテン岩村豊を筆頭に、4年生の力は絶大でした。特に中盤の緒方悠太、谷地朝日の組み立てから松倉玄樹、伊藤魁莉の得点が大きな武器となり、苦しいゲームを何度も救ってくれました。
このコロナ禍で活動が思うようにできない中で、天皇杯と#atarimaeniCUP2020の二つの全国大会出場を果たし、下の学年の選手たちにもたくさんの経験を積ませてくれました。これは次年度以降の大きな財産になると思います。

まとめ

4年生の大学4年間のサッカー生活が終了しました。
この4年間で培った経験を生かし、次のステージでも活躍してほしいと思います。個人的には2年間の付き合いでしたが、本当に楽しませてもらったし、良い思いもたくさんさせてもらいました。最高の出会いでした!
それぞれの道に進みますが、応援してます!困ったことがあったら全力で笑ってあげるのでいつでも連絡してきてください。
本当にありがとう!お疲れ様!