危機一髪!東北大学リーグ第7節

危機一髪!東北大学リーグ第7節

みなさんこんばんは富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今回は11/14に行われた東北大学サッカー1部リーグ青森大学戦についてアップしたいと思います。

第7節(対青森大学戦)

第7節は東奥義塾高校サッカー場で行われました。ここまで4勝1敗ときていますが、2位以上を確定させ、あたりまえにカップ(インカレ代替大会)に出場するためには残り2試合1戦も落とせない状況です。

スターティングメンバー

GK 福山智仁(日章学園)
DF 藪中海皇(北海)志村滉(仙台育英)金野泰治(盛岡商業)安野天士(武南)
MF 中川和彦(山形中央)谷地朝日(盛岡商業)阿部柊斗(専大北上)千葉希(浦和レッズU-18)
FW 菅原侑哉(日大山形)阿部亮太(遠野)

リザーブメンバー

GK 折口輝樹(セレッソ大阪U-18)
DF 阿部裕良(塩釜FC)吉田光希(アルビレックス新潟U-18)遠山南海(遠野)
MF 岩村豊(山形中央)伊藤魁莉(向上)戸羽達希(大船渡)
FW 松倉玄樹(不来方)木村海渡(アルビレックス新潟U-18)

前半戦

試合開始からボールを支配し、攻勢にゲームを進めますがなかなかシュートまで持ち込めず、得点を奪えません。藪中が中川とワンツーし、クロス。これに阿部がヘディングで合わせますがポストに嫌われてしまいます。
得点を奪えずにいると25分、右側のフリーキックから混戦となり、こぼれ球を押し込まれ先制点を許してしまいます。
その後も主導権を握りますが相手の粘り強い守備に阻まれ得点を奪うことができません。すると45分、右サイドで粘られクロスを上げられてしまい、流れたボールを押し込まれ痛恨の追加点を許してしまいます。前半を0対2で折り返します。

後半戦

このゲームを何としても落とせない富士大学は後半頭からGK折口、MF岩村、FW松倉を投入し半ばにはMFに伊藤を投入し攻撃のペースを上げます。
すると飲水タイム直後に得た直接フリーキックを谷地が直接決め1対2とします。その後フリーキックから志村のシュートや松倉のドリブルシュートなどチャンスを作りますがなかなか追加点を奪えません。
そしてこのまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム(90分+4分)相手のクリアボールを拾った阿部から谷地が受け、浮き玉のスルーパス。これに飛び込んだ伊藤が体制を崩しながらも決めて2対2。このまま試合終了となりました。

まとめ

一戦も落とせない中でギリギリまでリードを許しましたが、なんとか勝ち点を取ることができました。次の最終節東北工業大学戦で、勝てば2位以内が確定します。気を緩めることなくしっかりと勝ちきれるように頑張りますので応援よろしくお願いします。