逆転勝利!東北大学リーグ大一番を制する

逆転勝利!東北大学リーグ大一番を制する

みなさんこんばんは富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今日は本日行われた東北大学サッカー1部リーグ第2節東北大学戦についてアップしたいと思います。
前回の記事で現在のリーグ順位などについて説明しましたが、この3位東北大学との一戦が非常に大事な一戦となります。

第2節(東北大学戦)

スターティングメンバーは
折口輝樹
藪中海皇、志村滉、金野泰治、安野天士
中川和彦、谷地朝日、阿部柊斗、千葉希
阿部亮太、菅原侑哉
で臨みます。

前半戦

両チームともに試合立ち上がりから積極的に攻め上がりチャンスを作ります。東北大学は前線に枚数をかけ、富士大学ゴールに攻め込んできます。
富士大学は両サイドの中川和彦(山形中央)千葉希(浦和レッズU-18)を起点にして攻撃を仕掛けます。阿部亮太(遠野)のミドルシュートなどチャンスを作りますが決めきることができません。なかなか得点を奪えずにいると大ピンチが訪れます。18分、左サイドからのアーリークロスをFWに落とされ、走りこんできた中盤の選手に繋がれてシュートを決められてしまいます。
失点してからは富士大学がボールを握り攻め続けますが、谷地朝日(盛岡商業)のペナルティエリア付近でのフリーキックは壁に阻まれ、コーナキックのこぼれ球を中川がボレーで狙いますがクロスバーに嫌われます。前半終了間際の谷地のフリーキックでは志村滉(仙台育英)が頭で合わせますがゴールキーパーに阻まれてしまい、0対1で前半を折り返します。

後半戦

前半終了間際から雨足も強くなり、後半は前半以上に試合展開が激しくなります。同点、逆転とするべく、富士大学が果敢に攻め込みます。
そして64分、中川がペナルティエリア内で倒されPKを獲得します。これを阿部が決めて同点とします。勢いに乗った富士大学はその後、東北大学に自由を与えず攻め続けます。
相手を圧倒するものの、なかなか追加点を奪えずにいた87分、中川のバックパスを受けた志村が落ち着いて安野天士(武南)にグラウンダーのフィードパス。これを受けた安野が中盤からゴール前に走りこんだ谷地にスルーパスを通し、谷地が落ち着いて決め、逆転に成功します。
後半アディショナルタイムにはスローインのこぼれ球を阿部が拾い、谷地へつなぎ、谷地のパスをペナルティエリア内で受けた途中出場の伊藤魁莉(向上)が右足を振り抜き駄目押しの3点目を奪い、3対1とします。
試合終了までGK折口輝樹(セレッソ大阪U-18)やCBの志村、金野泰治(盛岡商業)を中心に守りきり、3対1で勝利しました。

まとめ

前半は苦しい戦いとなりましたが、集中力を切らさず攻め続け、東北大学に逆転勝利することができました。今年のチームの強みは間違いなくこういった粘り強いサッカーができることだと思います。
これで残り2戦勝利することができれば2位以内が確定します。油断することなくしっかりと準備して次のゲームに臨みたいと思います。
そして明日は富士大学U-22が戦うインディペンデンスリーグの大一番、八戸学院2ndとの試合があります。ダブル全国大会出場を目指し、チーム一丸となって戦いますので応援よろしくお願いします。