攻撃力爆発!もう負けられない富士大学U-22

攻撃力爆発!もう負けられない富士大学U-22

みなさんこんばんは富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今日は11月3日に行われたインディペンデンスリーグ第5節CommonSense(ノースアジア大学)の試合についてアップしていきたいと思います。
また、TOPチームの戦う東北大学サッカーリーグの現在の順位や状況、富士大学U-22の戦うインディペンデンスリーグの順位や状況をお伝えしていきたいと思います。

第5節(CommonSense戦)


第5節のCommonSense(ノースアジア大学)戦は富士大学サッカーグランドで行われました。前節不運にも引き分けてしまったのでもう1戦も落とせません。また、勝ち点が並んだ場合は得失点で順位を決定する可能性もあるので、できるだけ多く得点し、失点を最小限に抑えることが求められます。

前半戦
 

大量得点を取って勝ちたい富士大学U-22は試合開始から相手コートへ果敢に攻め込みます。12分、コーナキックのこぼれ球を戸羽達希(大船渡)が拾い、相手をかわしてクロスを上げます。このボールに白根澤樹(新庄東)が頭で合わせ先制します。27分には野田飛龍(とわの森三愛)のクロスに芝西大希(北海)が右足で合わせ2対0とします。33分には平中忠慶(盛岡中央)がスローインから野田とパス交換をして正確なクロスを上げます。これに佐藤莉楓(遠野)が頭で合わせて3対0、直後の34分には栗畑玲偉(東京ヴェルディU-18)の落としを受けた木村海渡(アルビレックス新潟U-18)が相手の背後をつくフィードボールを送り、それに飛び込んだ芝西がゴールキーパーの頭をこえるループシュートを決めて4対0とします。前半終了間際の44分には、戸羽のクロスに小室友哉(利府)が飛び込みヘディングシュートを決め、5対0で前半を折り返します。

後半戦

富士大学U-22は後半も攻撃の手を緩めません。51分に白根澤がこぼれ球を拾い、ミドルシュートを決めます。
53分にはDFの松野竜士(秋田商業)が攻撃参加し、白根澤とのボール交換から強烈なシュートを放ち7対0とします。
58分に木村、63分に平中の得点が生まれ9対0となります。67分には途中出場の大和田郁馬(江南義塾)がチーム10得点目を決めます。その後相手に得点を許し、10対1で勝利しました。

インディペンデンスリーグ順位表

試合数がチームによって違うので参考にならないかもしれませんが暫定首位に立っています。この後は11/8に2位の八戸学院2ndとの試合を控えています。
1位の富士大学U-22から5位の仙台大学U-20までは大接戦となっており、どのチームにも優勝の可能性があります。

東北大学サッカー1部リーグ順位表

こちらも接戦となっており、負けられない戦いが続きます。明日11/7に大一番の3位東北大学戦があります。ここを乗り切れば上位勢との試合は全て消化できるのでしっかりと勝ちきりたいと思います。

まとめ

インディペンデンスリーグ5節CommonSense戦の様子とリーグの状況をアップさせていただきました。徐々にチーム力が上がり、攻撃の歯車が噛み合ってきたようにも感じますが、シュート30本打って10得点は決定力の低さを感じます。
今週末はTOP、U-22ともに大一番のゲームがあります。チーム一丸となって勝利しますので応援よろしくお願いします。