盛岡商業高校サッカー部での活動

盛岡商業高校サッカー部での活動

みなさんこんばんは富士大学体育会サッカー部の庄司です。
今日は前回の記事で紹介した、富士大学体育会サッカー部以外でのコーチ活動第二弾として、外部コーチを務める盛岡商業高校サッカー部の紹介と活動の様子を紹介していきたいと思います。

盛岡商業高校サッカー部

盛岡商業高校サッカー部は岩手県屈指の強豪校で、夏のインターハイ、冬の全国高校選手権の常連校です。第85回全国高校サッカー選手権では県勢初の全国制覇を成し遂げました。当時私は高校2年生で、同じ東北勢の試合をテレビで興奮しながら見ていたことを覚えています。ちなみに当時ボランチでレギュラーとして活躍していた私と同い年の諸橋遼亮選手はいま現在、盛岡商業高校に勤め、コーチとして後輩たちへの指導に当たっています。

右端が中田監督、左隣が諸橋コーチと私です。

中田洋介監督

盛岡商業高校サッカー部監督の中田洋介さんは、岩手県大船渡市出身で大船渡高校から駒澤大学に進学し、大学時代はタイトルを総なめにし、世界大会であるユニバーシアードでも金メダルを獲得してベガルタ仙台に入団します。

当時仙台の高校に通い、地元のベガルタ仙台を応援していた私は、まさか憧れの選手から10年後、指導者としてお誘いを受け、こういった形で共にサッカーの指導に携わることになるとは思いもしませんでした。
その後、洋介さんは横浜FC、グルージャ盛岡などで活躍し、2010年に現役を引退して2014年、母校で大船渡高校で教員となり、2017年に盛岡商業高校に赴任して現在に至ります。

2019シーズン


昨シーズンは高校総体、高校選手権ともに準決勝で最大のライバル、遠野高校との激戦を制し決勝進出を果たしましたが、どちらも専修大学北上高校に敗れ準優勝という悔しい結果になりました。

2020シーズン

今シーズンはコロナ禍で高校総体が中止となり、代替え大会が開催されました。
全国大会につながるものではありませんがプライドを取り戻すためにチーム一丸となって戦い、決勝戦で盛岡誠桜高校を破り、今年度初タイトルを獲得することができました。スーパープリンスリーグ東北はこれまでにはない当日移動による疲労や怪我で選手が揃わないなどチームとしても苦しみましたが、チーム力の底上げに繋がったと感じています。セカンドチームが県リーグのiリーグ1部を制したことがそれを裏付けていると思います。

まとめ

昨年度からお手伝いさせて頂いている盛岡商業高校サッカー部について簡単に紹介させていただきました。実は現在、全国高校サッカー選手権岩手県大会の真っ只中で、10月17日3回戦が盛岡商業の初陣となります。今年度こそ全国大会への切符を掴めるように11月8日の決勝戦まで全力で戦いますので応援よろしくお願いします。
また、富士大学体育会サッカー部の活動だけではなくこちらの活動もたまにアップしていくのでよろしくお願いいたします。